Rudesign / GOmotion / Yutaka Kitamura

Sony α6500

Mavic Proが来て約一ヶ月、その後のレポもしようと思いつつなかなかBlog書けていません。でも毎週末飛ばしに行ったりしてます。先週は箱根の駒ケ岳から奇跡ショットが撮れました。

頂上は雪の中、夕暮れ時の視界ゼロの状態から一時だけ雄大な富士山が姿を見せてくれました。少しだけ晴れて来た時にはかなり上がりました。でもスグまた雲の中に…。
ドローンの話はまた次回エントリーで。(ほんとか?)w

今回は発売と同時に新ファミリー入りしたSony α6500についてのエントリー。
6300からの主なアップデート部分は、

・ボディ内5軸手振れ補正
・タッチパネルでのフォーカス
・6300で起こっていた熱問題対応
・Bluetooth経由での位置情報取得

そんなとこ。

5軸手振れ補正はほとんど変わらないボディの中によく収めたなという印象、優秀で良い仕事してくれます。それとタッチパネルに関してはちょっと期待はずれな部分アリ。静止画と動画では挙動が違うのですが、静止画撮影時のタッチパネルはフォーカスポイントの移動のみでフォーカスを合わせるにはシャッターボタンを半押ししなくてはなりません。ここは謎仕様。ワンアクションでタッチと同時にフォーカスを合わせてほしかった。アップデートされることを期待。ちなみに動画の時にはタッチと同時にちゃんとフォーカスも合わせてくれます。ただタッチフォーカスに関しての設定はまだ触っていないので、ここも検証が必要。

6300での熱問題は処理速度も上がり解消されているらしく、メニューにも「自動電源OFF温度」という項目ができ、標準と高が選べます。やはり熱は持つらしく、今までの6300では撮影できない状態になっていたところを、長時間対応してるそうです。ちなみに動画30分の制限はそのまま、一旦30分で切っても続けて撮影できるそうです。まあそんなに長時間回しっ放しっての少ないので実際試していないしひとまずスルーの方向で。

また売り場にSonyの現場の方がいて色々聞けたのですが、高感度のノイズも6300より減っているそうです。どの程度なのかは検証ですかね。

そしてこれはSonyのαシリーズ全般のことですが、まずはカスタムキーの設定をしないとかなり使い勝手が悪いです。現在α7SIIの設定は下記。

α7SII カスタムキー設定

コントロールホイール → ISO感度
カスタムボタン1 → FINDER/MONITOR切替
カスタムボタン2 → ピント拡大
カスタムボタン3 → MOVIE(動画)
カスタムボタン4 → ガンマ表示アシスト
中央ボタン → スタンダード
左ボタン → ズーム
右ボタン1 → ズーム
下ボタン1 → フォーカスモード
AELボタン1 → 押す間AEL
AF/MFボタン → 押す間AF/MFコントロール
フォーカスホールドボタン → フォーカスホールド

暫定でこんな感じです。

そしてα6500はカスタムキー(撮影)、カスタムキー(再生)と撮影時と再生時でそれぞれ設定できるらしくメニュー項目が増えています。今回はα7SIIとなるべく揃えてみるべく下記の設定に。

カスタムボタン1 → FINDER/MONITOR切替
カスタムボタン2 → ピント拡大
カスタムボタン3 → 未設定
中央ボタン → スタンダード
左ボタン → ズーム
右ボタン1 → ズーム
下ボタン1 → フォーカスモード
AELボタン1 → 押す間AEL
AF/MFボタン → 押す間AF/MFコントロール

右・左のボタンに割り当てているズームですが、これはズーム設定の全画素超解像度ズームが入ってないと使えません。この全画素超解像度ズームってのはいわゆるデジタルズームなんですが、1.5倍位まではそこそこの画質を保てるので、たまに使ったりしてます。ただそれはフルサイズでのα7SIIの話なので、6500では検証が必要かな。あとカスタムボタン1 → FINDER/MONITOR切替に割り当ててますが、これはFINDER/MONITORをモニター(マニュアル)に設定しないとオートのままです。

次にα7SIIとα6500 ファンクションキー設定

img_3983

ファンクション上段1 → ドライブモード
ファンクション上段2 → 画像サイズ
ファンクション上段3 → 画質
ファンクション上段4 → フォーカスモード
ファンクション上段5 → フォーカスエリア
ファンクション上段6 → 測光モード
ファンクション下段1 → 調光補正
ファンクション下段2 → ISO感度
ファンクション下段3 → ホワイトバランス
ファンクション下段4 → ピクチャープロファイル
ファンクション下段5 → ガンマ表示アシスト
ファンクション下段6 → 撮影モード

ここはよく使う項目を表示させておけば良いかと。この辺の設定は使う人によって違うと思うので他の人の設定も見てみたい。

そんな初日のセッテイング同期でした。