Rudesign / GOmotion / Yutaka Kitamura

ワイヤレスフォローフォーカス Lenzhound

もともとKickstarterで成立したプロジェクトのワイヤレスフォローフォーカス Lenzhoundを購入してみました。あまり国内での情報がないようなので共有。

もう25年以上のNikonユーザー、質実剛健で誠実なモノづくりのNikonですがきっちり良いものを時間かけてつくるからなのか最新の動きにはのり遅れ気味なのも事実、外部からのコントロールもCanonやSonyであればLANCで難なくできることもNikonではなかなか難しい状況、ということで見つけた商品がこのLenzhound Wireless Follow Focus

DSC_9083

ワイヤレスでステッピングモーターをコントロールしてレンズのフォーカスをコントロールすることができます。

詳しくはここで、こちらはシネキットですが、コントロール部分は同じです。

DSC_9088

購入したのはベーシックキット、シネキットとの違いは駆動がギアかどうか、ベーシックはバンドのみでの駆動なので調節をしないとフォーカスがたまに滑ります。シネキットはきっちりしたフォーカス管理ができるかわりレンズの方にもギアリングを付けなければなりません、単焦点ばかり好んで使いレンズ交換を頻繁にするのでベーシックを選択。

DSC_9095

まず最初にコントローラーでレンズのキャリブレーションをします。レンズによって最短焦点距離と無限遠の回転距離が違うのでこの二つをセットします、この操作も至って簡単。説明書なしでも設定できます。

コントロールのモードは3つあります。
・Free-Run(ダイレクトにジョグダイアルでモーターをコントロール)
・Playback(フォーカス距離を4つまで記憶してプレイバック)
・Z-Mode(ズームのようなうごき)

PlaybackとZ-Modeはモーターの速度も細かく調整できます、あたりまえですがトルクは調整できません。なので最大速度でコントロールするとまず駆動ベルトが滑ります、またFree-Runモードではモータースピードを調節できないので急激な動きをすると同じく滑ります。この辺はシネキットの方が確実なのだと思いますがモーターは同じっぽい?のでトルク的にはどうんなんでしょ?この駆動ベルトが滑る問題はモーターの回転スピードを調節することで回避できます。

追記:このBlogみたMotiondogsの中の人から連絡もらいました。トルクが足りてないのはUSBからの給電が原因でした。12VDCで給電すればかなりのトルクが出るそうです。ただそういうバッテリー少ないんですよね、Ronin-Mからは給電できるみたいなので時間があるときに試してみようかな。

DSC_9098

バッテリはコントローラーの方は単四電池4本またはUSB、モーターの方はUSBで給電です。USB端子出力がふたつ付いているモバイルバッテリーなどであればそれひとつで運用できます。コントローラーの方は電源を切っていてもUSBで給電されると動くという仕様。

DSC_9085

オプションでサムホイールコントローラーも購入、親指いっぽんでフォーカスコントロールできます。ただこれをつけた場合はメインのジョグダイアルは動かなくなります。動いてくれるとベストなんですがそうなるとジョグダイアルとサムコントローラーを連動させなければならなくなり機構も複雑になるので、まあ仕方なしかな。

IMG_1574

試してみたレンズは6本。

AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
AI Nikkor 50mm f/1.2S
AI Nikkor 20mm f/2.8S
AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
SIGMA 105mm F2.8 EX DG MACRO

見事に単焦点ばかり。w このなかでSIGMAの105mmのMacroレンズのみはフォーカスリングが重く使えませんでしたが、マニュアルレンズ含んだ5本全て使えました。

DSC_9092

またこのコントローラーはオープンソースで作られていてコンソールのセッテイングをArduinoで変えることができます。モーターの方にもハードウェアスイッチでいくつかのセッテイングが可能です。まだこの辺はいじってないですが、こういったセッテイングの幅があるのは嬉しいところ。

注文するときにサポートにいくつか簡単な質問をしましたが対応も早く注文してから4,5日で届きました。あと受け取り時に消費税がかかりますがBase Kitで$395、なかなか良い商品だと思います。

そしてここまで揃えておいて最近気になっているのはマイクロフォーサイズ機、先日ショールームで色々とじっくり触って撮影データ持ち帰ったんですが、なかなか魅力的。特にハイブリッドAF(位相差AF/コントラストAF)が優秀で動きのある被写体などではたぶんこちらの方が有利。いつのまにか画質も向上しててこんなに進化してるとは思ってませんでした。HD映像撮影であれば充分使える感じ。ちょっとNikon1あたり試しに買って使い倒してみようかなぁ。