Rudesign / GOmotion / Yutaka Kitamura

グラノーラの作り方

友達からもらったFructusのグラノーラがとても美味しかったので、常備食にしようかと自作してみる。分量などざっくりでもOKですし、基本好きなものを混ぜて焼くだけなのでかなり簡単でお手軽です。

まずは材料集めと軽くリサーチ。食べてみたのはひとまず2軒、現在は福岡にあるFructusと店舗が目黒にあるGMT(Good Morning Tokyo)どちらもとても美味しいです。この二軒の違いはFructusは蜂蜜ベースでGMTはメープルシロップベースなところでしょうか。両店舗ネットで通販もしてます。

DSC_3097ほとんど食べちゃってますが左からFructusのナッツグラノーラ 180g(¥1080)、GMTのシナモンアップルグラノーラ 150g(¥550)、トリプルココナッツグラノーラ 270g(¥900)。食べた時の食感はガリッと堅く歯応えがあるFructusの方が好みでした。メニューにもよりますがコスパはGMTの方が良い感じ。

DSC_3108そして肝心な素材、ぶっちゃけオートミールが麦だって事も知りませんでした…。ひとまず買ってみたのは左からアララ オーガニック ジャンボオーツ 800g(¥748)Amazonで購入、近くのスーパーで日食のピュアプレミアムオートミール 300g(¥365)、GMT オーツ麦フレーク 1200g(¥910)目黒の店舗がわりとすぐ近所なので店舗で購入、Odlums 挽き割りオートミール 454g(¥595)これもAmazonで購入。

コストパフォーマンス(1gあたり)
・アララ オーガニック ジャンボオーツ ¥0.935
・日食ピュアプレミアムオートミール ¥1.216
・GMT オーツ麦フレーク ¥0.758
・Odlums 挽き割りオートミール ¥1.310

DSC_3109アララ オーガニック ジャンボオーツ 800g(¥748)
麦も大きめでしっかりした食感。

DSC_3110ピュアプレミアムオートミール 300g(¥365)
麦は小粒、しっかり押しつぶしてありペラペラ、歯応えはあまりなし。

DSC_3111GMT オーツ麦フレーク 1200g(¥910)
このなかでは麦が一番大粒、押しつぶし具合も厚めで堅めの歯応え。

DSC_3112Odlums 挽き割りオートミール 454g(¥595)
これは挽き割りで粒が半分くらい残っている状態、蕎麦粉的な粒の歯応えは良い。

食べ方により適している粉製具合があるのでしょうが、今回しっかりした歯応えが欲しかったのでGMT オーツ麦フレークを中心に使用、コスパ的にもこれが一番だし。

DSC_3113ナッツ類はまるごと入っているところも多いですが、少し細かく刻む。

DSC_3115今回はせっかくいろんな種類のオートミールがあるのでブレンドしてみる、分量はまったくの目分量です。あと塩をふたつまみ程。

DSC_3116熱湯、バター、蜂蜜をこれも目分量で混ぜ合わせたところ。これを一緒にボールに入れまんべんなく混ぜる。

DSC_3117オーブンを120度に温めておき約一時間。焼くというより乾燥させる感覚だそうです。

DSC_3124最後辺りに入れるドライフルーツ、これも刻んでおきます。

DSC_3126焼き加減にムラがあったのでドライフルーツも入れてもう5分追加、部屋中にかなり香ばしい良い香りが漂ってきます。

DSC_3127完成!市販品とはまた違った感じですが、サクサクでとても美味しいです。あまり甘くしたくなかったので蜂蜜を大さじ一杯くらいにしてかなり控えましたが、もうちょっと加えても良かったかな?

あとは入れる材料も味付けも好きにアレンジできるので色々試してみます。市販のちゃんとしたグラノーラは「美味しいけど高いよなぁー」とか思ってましたが(1000円分くらい一気に食べれちゃいそう)、贅沢にもシンプルにもアレンジできるので常備決定。オートミールは普通にお米に混ぜて炊いて食べても良いし、お粥で食べても良いし。できあがったグラノーラはサラダと一緒に食べても美味しかったです。

DSC_3138冷蔵庫に残ってた有り合わせの素材で作ったサラダ、超簡単。

グラノーラの作り方まとめ。

1.なるべく大粒でしっかりしたロールド・オーツを調達
2.蜂蜜またはメープルシロップを熱湯で溶かし混ぜ合わせる。(ココナッツオイル、グレープシードオイル、オリーブオイル、ラム週などお好みで)
3.好きな食材追加。(ナッツ、ドライフルーツ、コーヒーなど)
4.上記全部かき混ぜる。
5.120度で約一時間オーブンで焼く。

作り置きしておけば朝の忙しい時にもサクッと食べられるのがナイス。