Rudesign / GOmotion / Yutaka Kitamura

文化庁メディア芸術祭 十勝帯広展 メディア芸術の林間学校

文化庁メディア芸術祭 十勝帯広展 メディア芸術の林間学校 サイト

 北海道合宿から帰ってきました、北海道の景色や美味しいものも満喫してきましたが、仕事もちゃんとしてました。そんななか帯広にも行ってきました。目的は10/1から開かれる文化庁メディア芸術祭 十勝帯広展の開場下見。今回は十勝千年の森で開催されるのですがとても気持ちの良い場所でした。敷地は400ha東京ドーム85個分の敷地は広大すぎて全て見て回る事はできませんでしたが、ハーブのガーデンなどもあり小一時間ほど散歩してみてもとても気持ち良いところでした。

IMG_0223IMG_0214IMG_0226IMG_0084 しかもこの広大な敷地をオフロード仕様のセグウェイで走り回る事ができます。下見の時には時間がなくて10分の試乗しかできませんでしたが、このツアーかなり気持ち良いと思います、設営の時に時間あれば是非ツアーしてみたい。

 そんな自然の中の良い環境の中で文化庁メディア芸術祭 十勝帯広展 メディア芸術の林間学校が開かれます。今回はものみるうごくAR美術館の中からグラフィックとアニメーションを担当している「ウロボロスのトーチ」と「ARの国のアリス」が出展されます。他にもスポーツタイムマシーン湯浅政明監督のトークショー、アニメーションの上映など盛りだくさんです。湯浅政明監督のトークショー行きたいけどその時は東京…。前期のアニメーション、ピンポンはホント良かったなぁ、原作は台詞覚えてるくらい見返してますが、作品からは監督の思い入れと深みや熟成が感じられました、観てない方は是非。

 と、10/1から10/13まで文化庁メディア芸術祭 十勝帯広展開催されますので北海道の方は是非。