Rudesign / GOmotion / Yutaka Kitamura

Mobile Phone

時間がある時に荷物を整理している訳ですが、いろいろ懐かしいものが出てきます。今まで使っていた携帯電話も出てきたのでアーカイブ。

左から

  • SONY CB-801
  • Motorola StarTAC
  • NOKIA DP-154EX
  • J-SH03
  • J-SH07
  • J-SH53
  • 902SH
  • 910SH
  • 913SH
  • 初代iPod Touch
  • 第2世代iPod
  • 歴代iPhone
  • SONY CLIE PEG-N700C

DSC_9154DSC_9156DSC_9152まずは携帯電話ではないけどこれが原点?ソニー製トランシーバーCB-801です。昭和41年製造、まだ生まれてもないんですがトランシーバは子供の頃憧れだったなぁ、これは昔古道具屋で見つけたものです。なんといってもかっこいいのがこのアンテナの長さ!!!最近の携帯はアンテナなくなっちゃったけど一昔前のアンテナ信仰はこの辺が原点なのでは?人混みのなかで使ったら迷惑この上ない長さですね。ちなみにまだ動きます、たまにタクシー無線?みたいな通信も拾ったりします。

DSC_9157DSC_9159Motorola StarTAC、一番最初に買った携帯。この機種の少し前辺りまでは先程のトランシーバー的な大きさでポケットに入れて持ち運ぶ気にならなかったのですが、このコンパクトさで出てきた時には衝撃でした。てか今みても好きなデザイン、1996年製造。

DSC_9160NOKIA DP-154EX、J-PHONEの時代です。本来はバックル付きのストラップが付いててベルトにぶら下げて持ち歩いていました。ボイス登録が付いてて声で電話帳呼び出せました、使ってなかったけど。1998年製造。

DSC_9161J-SH03、この辺りからカラー液晶(256色)そしてストレートが多かった。この辺のデザインがホント嫌いで仕方なく買ってたなぁ、2000年製造。

DSC_9162J-SH07、この辺りからパカ携帯。あとカメラと写メが出てきたのもこの頃。液晶の横に65000 Colors Advanced TFT LCDって書いてある、おいおい。2001年製造。

DSC_9163J-SH53、この辺りからサブ液晶がつき出す、あとSDスロットも。2003年製造。あとこの時期はVodafoneでしたね。

DSC_9167DSC_9166902SH、パカ+メイン液晶反転タイプ、この辺りから待ち受けにFlash Liteが使えるようになり時計の待ち受け作ったり、携帯メニューの仕事したりしてました。2004年製造。

DSC_9169DSC_9171910SH、VodafoneからSoftbankへ、カメラが2M PXから5M PXへ、2006年製造。

DSC_9173DSC_9172913SH、スライド式携帯、この辺りから液晶画面も大きくなりワンセグが見られるようになったのかな。2007年製造。

DSC_9175DSC_9176初代ipod Touch、iPhone欲しくても日本ではまだ変えなかったからこいつで我慢。w この辺はまだ裏面が鏡面仕上げでしたね。

DSC_9177DSC_9179iPhone 3G、この裏面が丸っこいデザイン今でも結構好き、まああとは書く必要なしかな。

DSC_9180DSC_9181iPod 第2世代、2002年製造。コネクタはFireWireで容量は20GB。プレイヤーというかストレージとして使ってました。最初はこんな商品売れる訳ないだろとか思ってましたが、実際使ってみると、PC(iTunes)との連携辺りに可能性を感じ感心したのを覚えてます。

DSC_9182SONY CLIE PEG-N700C、2001年製造。この頃デザイナー仲間でPalmを持って仕事できる風に装うのが流行ってました。(笑)RSSリーダーとしてランチの時とかに新聞・雑誌代わりに読んでました。そういえば携帯持つ前はカシオのデータバンクとかGショックに電話番号登録して持ち歩いてたなぁ。

iPhone以降はもう語る必要もないと思いますが、こうして俯瞰してみてみるとおもしろい。元々個人的なパーソナルな機器であった携帯電話がネットに繋がりSNSなどでタイムラインを持つようになってだいぶ変わりましたね、今じゃ殆ど電話かかってこないし。メディア全体も時代によってマスとパーソナルを振り子のように揺れ動いてる気がします。今後はハードとしては存在を消していく方向なのは間違いないと思うのですが、10年後辺りはどうなってるんでしょうね。