Rudesign / GOmotion / Yutaka Kitamura

ICC キッズ・プログラム 2013 もの みる うごく AR美術館

今年の夏はICCのキッズプログラムで展示をします。

これまで札幌東京神戸、ソウルなどで展示していた作品達が、
オペラシティICCで展示されます。

ICC キッズ・プログラム 2013
もの みる うごく AR美術館
7月30日(火)~ 年9月1日(日)

IAMAS教授の赤松正行さんが中心となり、
多数の作家の作品で構成されています。
新作絶賛作成中ですので夏休みはお子さん連れで是非!

また8/3はアーティスト・トークがあります。
ゲストはSRシステムの開発者、藤井直敬さんで私も楽しみにしています。

アーティスト・トーク 「リアリティをめぐる100万回の冒険」
日時:2013年8月3日(土)午後6時30分より
出演:赤松正行+ARARTプロジェクト(北村穣,白鳥啓,大石暁規,向井丈視,バク・ヨンヒョ)
ゲスト:藤井直敬(脳科学者,SRシステム開発者)
会場:ICC ギャラリーA
参加対象:高校生以上
定員:150名(当日先着順)
入場無料

この日は作家が全員参加予定ですのでお時間ある方は是非、
お会いできるのを楽しみにしています。

banner

coming

また関連グッズとして動くグリーティングカードやTシャツも作成中。
間に合うかどうかギリギリのスケジュールですが、
こちらも合わせてお願いします。

あとチラシも置いて下さるところ募集中、
よろしくお願いします。

—————————————————

ICC キッズ・プログラム 2013
もの みる うごく AR美術館

赤松正行+ARARTプロジェクト
会期:2013年7月30日(火)—9月1日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 4階特設会場
開催概要
会期:2013年7月30日(火)—9月1日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 4階特設会場
開館時間:午前11時—午後6時
休館日:月曜日,保守点検日(8/4)
入場無料
主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
後援:渋谷区教育委員会,新宿区教育委員会
住所:〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
   京王新線初台駅東口から徒歩2分
アクセス:京王新線初台駅東口から徒歩2分
お問い合わせ:フリーダイヤル 0120-144199
E-mail:query@ntticc.or.jp
URL:http://www.ntticc.or.jp/

制作協力:和田純平,佐藤薫(EP-4),明石瀬里奈,神谷典孝,堂園翔矢,中上淳二,二宮諒,宮城良,赤松武子、墨康成(株式会社まんだら舎)、IAMAS(情報科学芸術大学院大学),株式会社アマナイメージズ,株式会社間チルダ

ARART ワークショップ「じぶんのキャラをARにしよう!」
日時:2013年8月3日 13:30〜
会場:ICC ギャラリーA
対象:小学生
定員:15名(事前申込制)
参加無料

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] は,日本の電話事業100周年(1990年)の記念事業として1997年4月19日,東京/西新宿・東京オペラシティタワーにオープンした文化施設です.ICCは「コミュニケーション」というテーマを軸に科学技術と芸術文化の対話を促進し,豊かな未来社会を構想していきます.

ICC キッズ・プログラム 2013
もの みる うごく AR美術館 WEB

http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2013/KidsProgram2013/index_j.html

ICC キッズ・プログラム 2013 プレスリリース

kidsprogram1

pdf

ICC キッズ・プログラム 2013 もの みる うごく AR美術館 チラシPDF